DOLSTA

アイドルスタジアム 日本最大級のアイドルポータルサイト

10月18日(日)HRメジャー2ndシングル「トイ・ソルジャー」予約イベント(ミニライブ)

配信日:2015.10.19 17:20

10月18日(日)HRメジャー2ndシングル「トイ・ソルジャー」予約イベント(ミニライブ・特典会)@HMV池袋エソラ


《セットリスト》
1.キミの色
2.ルールの王子様
-MC-
3.トイ・ソルジャー
4.ここにいる
-MC-
5.バリカタ

《参加メンバー》
尾河 花奏・小嶋 菜生・小林 まゆ・橋本 菜々・安田 玲・渡辺 心
   


SEが鳴ると同時に、「HRです!よろしくお願いしまーす!」と元気に登場したメンバー。
真っ直ぐな恋愛を可愛く歌った1曲、「キミの色」からミニライブがスタートしました。

間髪入れずに始まった2曲目は、2011年福岡県春の交通安全県民運動イメージソングにもなった「ルールの王子様」。
歌詞には「天神」「キャナルシティ」「警固公園」など、HRの活動拠点である福岡に関するキーワードが盛り込まれており、HRならではのアップテンポな1曲になっています。

「声出す準備は出来てますか?」とメンバーが会場を盛り上げると、それに応えるかのようにファンも声を出し、会場の温度は急上昇。
メンバーとファンの見事なコール&レスポンスが生まれた瞬間でした。

曲中には小嶋 菜生さんがステージを降りて客席の近くまで行き、ファンにマイクを向けるという嬉しい演出も。



MCでの自己紹介を終え、安田玲さんのソロから始まった「トイ・ソルジャー」。
先程までの可愛いらしい雰囲気とは違った、力強くキレのあるダンスパフォーマンスを披露。

曲によって様々な表情を見せてくれる彼女たちから目が離せなくなりました。

更に、「トイ・ソルジャー」のカップリング曲になっている「ここにいる」を続けて披露。
曲中にある「大好きだ」という歌詞を、メンバーと一緒になってファンが叫ぶシーンも。




「皆さんまだ体力残ってますか?最後の1曲、一緒に盛り上がっていきましょう!」という
小林 まゆさんの一声から始まった「バリカタ」で今日一の会場の盛り上がりを見せ、曲が終わった後もメンバーを呼ぶ声は鳴り止みませんでした。

また、東京でのイベント参加は今回が初めてだという橋本 菜々さんは、

「昨日(10月17日に行われたタワーレコード錦糸町店でのイベントに参加)は初めてということもあって緊張でガチガチだったんですけど、今日のこのステージでは、いつも通りのライブが出来ました!」
と語っていました。


ジャケット、MVには「ミュージック・ジャケット大賞」2014、2015に2年連続ノミネートされた真田礼氏(Studio-Novel)を迎えるなど、豪華な製作陣によって生まれた今回のメジャー2ndシングル「トイ・ソルジャー」。
フジテレビ系列全国ネット「奇跡体験!アンビリバボー」のタイアップにも決定しています。


これまでのHRとは一味違った、アイドルとして更に魅力的な一面を見せてくれている彼女たちのシングルは
是非手に入れたいですね!

アイドル情報や応援メッセージを投稿しよう!

投稿する

お勧め特集

関連グループの最新ニュース

2015.05.18 10:30

博多発のアイドルHR、初の水着ジャケットでメジャーデビュー 11期生オーディションも募集中

博多発のアイドルグループ・HRが、6月24日発売のメジャーデビューシングル「夏色キャンディ」で、初の水着ジャケットに挑戦している。  HRは「博多を再起動(reboot)する」の頭文字が由来。現在はオーディションで選ばれた正規生8名と研究生11名の19名で活動中だ。地方初の専用劇場を持つアイドルグループとして、ローカルアイドルブームの先駆けとなり、前作「希望の蕾」ではオリコン・ウィークリーランキング5位を獲得するなど躍進中だ。  メジャーデビューシングル「夏色キャンディ」は、夏を目前にしたワクワクした気持ちが、夏全開のサウンドで繰り広げられる爽快なナンバー。HRとしては初めてとなる水着ジャケットも、健康的で元気なイメージを強調していて、新たなHRの魅力を演出している。  なおHRは現在11期生を募集中。応募要項は公式サイトおよびオーディション情報サイト「デビュー」に掲載中だ。

発売情報
HR

2015.01.22 10:45

橋本環奈らを輩出するアイドル量産地・福岡、良質な人材が生まれるワケ

アイドルブームの広がりのなかで、近年は地方アイドルたちの躍進ぶりも顕著だ。そのなかでも、HKT48をはじめ、「1000年に1人の逸材」橋本環奈が在籍するRev.from DVL、ランキングTOP10の常連であるLinQ、ご当地アイドルNo.1決定戦『U.M.U AWARD 2014』で優勝した乙女の純情など、多くの地方アイドルを排出し、活躍が目立つのが福岡勢。ほかにも昨年メジャーデビューした青SHUN学園やHRなどが、地元のみならず人気を呼んでいる。果たして福岡からアイドルが量産される背景には何があるのか?

エンタメ
HR
LinQ

関連グループのイベント