DOLSTA

アイドルスタジアム 日本最大級のアイドルポータルサイト

さんみゅ~ SUNMYU

メンバー

概要

「明るく、元気に、爽やかに!21世紀最初の純白アイドル!」をキャッチフレーズに掲げ、2013年1月にデビューした8人組のアイドルグループ。

80年代アイドル創成期に中心となり、松田聖子や早見優、岡田有希子をはじめとした、数々のスーパーアイドルを輩出したサンミュージックグループが21年ぶりに手がけるアイドルグループ「さんみゅ~」はサンミュージックが誇る全国各地にあるアカデミーから、努力を積み重ね幾多の試練を乗り越え、岡田有希子の「くちびるNetwork」を大胆にカヴァーしてデビューを果たしました。

新しく生まれ変わった数々の名曲のカヴァーと、80's王道のアイドルサウンドを継承したオリジナルソングに、世代を超えた誰もが盛り上がるステージを全国各地で展開中!

出典:

アイドル情報や応援メッセージを投稿しよう!

投稿する
出典:
活動期間 2012/07 -
プロダクション サンミュージックプロダクション
公式サイト さんみゅ~ OFFICIAL WEB SITE
公式Facebook さんみゅ~公式アカウント
公式Twitter さんみゅ~公式アカウント
ブログ さんみゅ~ブログ

所属アイドル

さんみゅ~のアイテム

さんみゅ~のニュース

2015.05.22 13:43

11年目「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」は由比ガ浜で62日間

夏季限定の海の家ライブハウス・音霊 OTODAMA SEA STUDIOが今年もオープン。神奈川・鎌倉由比ガ浜海岸にて、7月1日から8月31日にかけて計62日間にわたって行われる。 昨年から鎌倉由比ガ浜海岸に場所を移して運営中の音霊 OTODAMA SEA STUDIO。11年目を迎える今年はどんなラインナップが集うのか続報を楽しみにしておこう。 また音霊 OTODAMA SEA STUDIOの開店に向けて、5月に東京・H.L.N.A SKATE PARKにてライブイベント「OTODAMA 空FES 2015」が行われることも決定。こちらの詳細も待たれるところだ。 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015年7月1日(水)~8月31日(月)神奈川県 鎌倉由比ガ浜海岸 ”音霊 OTODAMA SEA STUDIO”とは? 2005年から、毎年夏の間限定で神奈川・逗子海岸で開催されていた海の家兼ライブハウス。キマグレンのKUREIが運営しており、9年にわたって地元および音楽ファンに親しまれてきたが、逗子市で「安全で快適な逗子海水浴場を取り戻すための対策協議会」が設置され、海岸の治安の悪化、風紀の乱れが著しいという理由から音楽の禁止や罰則など規制を強化する方針で協議が行われたことを受けて、2013年閉店。 2014年から鎌倉由比ガ浜海岸に場所を移して再始動。

エンタメ
さんみゅ~
東京女子流
青山☆聖ハチャメチャハイスクール
Ciao Bella Cinquetti
滝口成美
ななのん
みきちゅ
LinQ
Luce Twinkle Wink☆
CAMOUFLAGE
フラップガールズスクール
吉田 凜音
横山ルリカ
P♡ttya
清竜人25
Kiss Bee
10COLOR'S

2015.02.22 00:00

アイドル戦国時代の壮絶さと、生き残り戦略 今キテる“純白アイドル”さんみゅ~が激白

「明るく、元気に、爽やかに! 純白アイドル!」をキャッチフレーズに、1980年代の王道アイドルサウンドを継承した楽曲でアイドル戦国時代の中でも存在感を放つ、さんみゅ~。80年代の一大アイドルブーム期、松田聖子や早見優をはじめとする数多くのスーパーアイドルを輩出した大手芸能事務所サンミュージックが21年ぶりに手掛けるさんみゅ~は、サンミュージックアカデミーの生徒約1000人によるオーディションを勝ち残ったメンバーで2011年に結成された。その後、13年1月、ついにシングルCD「くちびるNetwork」でメジャーデビューを果たし、“純白”のイメージを大事にする一方、ライブでは“静と動”を使い分けたパフォーマンスを武器に着実にファンを増やしている。  今年1月には結成2周年記念ライブを成功させるとともに、同ライブで結成メンバーである京極友香の卒業が発表。3月18日には8thシングル「はじまりのメロディ」のリリースも控え、まさに“第2章”をスタートさせた。

エンタメ
さんみゅ~

2015.02.15 00:00

2千人…アイドル大国・日本の破滅的競争 武道館公演、なぜ増加?景気回復で人気失速?

さんみゅ~。2013年1月にデビューした7人組の女性アイドルグループである。かつて1980年代に松田聖子や早見優、岡田有希子を輩出したサンミュージックが実に21年ぶりにアイドル市場に送り出した精鋭たちだ。今年でちょうどデビュー3年目を迎えるのだが、彼女たちはデビューの1年前から約1000人に上る候補者の中から厳しい選抜を勝ち抜いてきた。また、もともとサンミュージックが各地に持つサンミュージックアカデミーの生徒であり、幼少の頃から演技などの修練を積んできている。例えば、さんみゅ~のセンターである木下綾菜は6歳から芸能活動を続けている。その意味では、かなりの素質があり、また長年の学習を積んできた、まさに「精鋭」たちなのだ。  リーダーの西園みすずは、「デビューがゴールだと思っていた」と筆者のインタビューで語った。アイドル界では伝説ともいえる老舗の看板と営業力、そして彼女たち自身の力をもってすれば、確かに西園が言ったようにデビューすれば一定の成功が見込まれたかに思えた。しかし、デビューから先に待っていたのは、筆者の表現でいえば「さんみゅ~の戦い」そのものの苦難の連続だった。西園たちメンバーも、21世紀のアイドル市場で戦うことの困難を今は身をもって体験したという。  今世紀、特にAKB48がブレイクし出したゼロ年代後半から今日までのアイドル市場は、まさに「アイドル戦国時代」の名前に恥じないものだ。いったいどれくらいのアイドルたちが日本で活動しているのだろうか? 「アイドル」の定義にもよるが、主要なアイドルだけでも、ざっと2000人を超える。  これらのアイドルたちが似たような歌、ダンス、演技などの「アイドル財」を供給していれば、それは過当競争に至るだろう。過当競争になると、品質が似ているために、競う点が価格の引き下げに絞られてしまう。やがては価格の引き下げにコスト面で耐えきれず、破滅的競争に陥る。破滅的競争を避けるためには、個々のアイドルが個性の異なる「アイドル財」を提供するしかない。  例えば、10年から11年にかけて、全国各地で疑似AKB48的なアイドルグループがいくつも誕生した。学園風のコスチュームと楽曲、ブログや動画の積極的活用、CD販売と特典(握手やチェキ)との抱き合わせ販売、なかには本家(?)と同じように専用劇場を有するグループも少なからずあった。しかし、いまやAKB48的な学園生活をコンセプトにしたアイドルグループは少数だろう。どのアイドルも必死で自分たちの個性を見いだそうとしている。

エンタメ
さんみゅ~

2015.01.20 12:00

純白アイドル・さんみゅ~の“はじまり”を告げる2周年&京極友香卒業ライブ

1月17日、東京・赤坂の草月ホールにて、さんみゅ~のワンマンライブ「さんみゅ~LIVE2015 SUN&YOU -2nd Anniversary- 純白宣言」が開催された。 さんみゅ~は、’80年代のトップアイドルである松田聖子や岡田有希子を輩出した、サンミュージック所属の正統派アイドルグループだ。岡田有希子のカバー『くちびるNetwork』でメジャーデビューし、純白の衣装と王道のアイドルソングから、懐かしさと今の時代ならではの新鮮さを感じさせてくれる。

ライブ情報
さんみゅ~

2014.12.04 14:16

音楽ナタリー:アイドル30組参加!「CHEERZ」サービス開始

アイドルの写真に特化したスマートフォン専用SNSアプリ「CHEERZ」(チアーズ)のサービスがスタートした。 「CHEERZ」はユーザーのタイムラインにアイドルが投稿した写真がリアルタイムに流れてくる写真閲覧アプリ。参加するアイドルはアイドルカレッジ、さんみゅ~、プラニメ、愛乙女★DOLLなど本日12月4日現在で30組200人以上で、すでにタイムライン上は多くのアイドルの画像でにぎわっている........

エンタメ
愛乙女★DOLL
さんみゅ~
WHY@DOLL

さんみゅ~のイベント